神仙桑抹茶ゴールド

中性脂肪を減らす!食事ガイド

神仙桑抹茶ゴールドは、中性脂肪の生成を抑える3つの原料を独自にブレンドした抹茶風味のおいしい青汁です。

中性脂肪TOP > お茶村

神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドは、発売以来57万箱の売上を突破し、世界の食の品評会『モンドセレクション』も受賞した無添加青汁です。

神仙桑抹茶ゴールドの原料は、『桑の葉』『緑茶』『シモン』の3種。中でも桑の葉には、ケールや大麦若葉にはない『DNJ(1-デオキシノジリマイシン)』という特有成分が含まれており、健康への有用性が期待されています。

神仙桑抹茶ゴールドでは、『国際銘茶品評会』で金賞を受賞した『お茶村』独自の製法で、おいしい抹茶風味を再現。

主婦モニターさんに試飲してもらったところ、20人中20人全員が「これは青汁ではなくて抹茶」と回答するほどおいしく仕上がっています。

桑の葉成分『DNJ』

神仙桑抹茶ゴールドの最大の特徴は、DNJを豊富に含む桑の葉を原料にしているところです。

DNJは桑の葉にしか含まれない有効成分で、体内の二糖類分解酵素『α-グルコシダーゼ』のはたらきを阻害することによって、食後の血糖値の上昇を抑制することができます。

血糖値が抑えられると、血中の糖質を中性脂肪として蓄積するインシュリンの過剰分泌を防ぐことができ、肥満や動脈硬化のリスクを軽減することが可能です。

また、桑の葉にはカルシウムや鉄分、亜鉛などのミネラル分が豊富なほか、食物繊維の含有量も高いため、余分なものを排出して中性脂肪の蓄積を妨げてくれます。

中性脂肪値を減少

神仙桑抹茶ゴールドには、桑の葉のほかに、緑茶とシモンという2つのお茶成分が含まれています。

日本で古来より親しまれてきた緑茶には、ポリフェノールのひとつである『カテキン』がたっぷり。中性脂肪値の上昇を抑える作用のほか、血管の老化を防ぐはたらきがあります。

一方、シモンはリン脂質の一種である『レシチン』が豊富に含まれているのが特徴。中性脂肪を分解するはたらきがあり、カテキン同様、肥満を防ぐ効果が期待できます。

神仙桑抹茶ゴールドの口コミ

 

(40代/男性) 

おなかまわりが気になってきた頃、友人に神仙桑抹茶ゴールドを勧められました。今ではあんなにきつかったズボンもラクラク履けるようになった上、朝も以前よりすっきり起きられるようになりました。体の中が掃除されているという感じです。

 
 

(40代/女性) 

モンドセレクション受賞ということで取り寄せてみました。現品をあけるとお茶の香りがして感動。味も今まで飲んだ青汁の中で1,2位を争うくらいおいしいです。普通は100mlくらいで飲むのですが、神仙桑抹茶ゴールドは濃いので倍以上に薄めて夫婦二人で飲んでいます。そのため、他の青汁よりも経済的だと思います。

 
神仙桑抹茶ゴールド ⇒神仙桑抹茶ゴールドの公式サイト

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 中性脂肪.net All Rights Reserved.